緊急時にギアを入れたままセルモーターを回すことによって短距離であれば移動ができる

MT車のメリットはいくつかあり、エンジンブレーキを活用することが簡単だったり、エンジンが掛からない場合にはいわゆる押し掛けを利用することも可能とされていて、ギアをニュートラルに設定することによって、比較的簡単に自動車を人力で押して移動させることも可能となります。

 

その一方で、エンジントラブルや他の動力系統のトラブルによって、エンジンが上手に掛からなくなってしまうケースも見られます。

 

特に古い年式の自動車の場合では、何かとトラブルが発生することが多い傾向になりますが、MT車でエンジントラブルが発生したならば、セルモーターを確認することが良い方法になります。

 

バッテリーを含む電気系統にトラブルが無い場合では、セルモーターを回すことによって、少しずつ自動車を移動させることが可能になります。

 

例えば周囲に自動車を押してくれる人員がいない場合では利用価値のある方法とされているもので、一人で操作することができることが大きなメリットとされています。

 

セルモータは回すことによって少しだけ自動車が前進することになるために、何度もオンとオフを繰り返すことによって、短い距離ならば問題無く自動車を目的の場所に移動させることができます。活用法としては、道路上でのトラブルの際には、路肩まで移動させることも不可能ではありません。

コメントは受け付けていません。