操作には多少の技術を要する

現在は時代の変化によって公道を走行している自動車では殆どの車両がAT車になります。

 

しかし、一部のスポーツタイプの自動車や、営業車として利用されている車両やトラック、比較的年式の古い旧車と呼ばれる車両にはMT車は現役として活用されているものを目にすることができます。

車02

そんな中、MT車を運転するためには、一定の技術を必要としています。

 

AT車と大きく異なることとしては、クラッチを踏むことと、アクセルペダルを踏むこと、そしてシフトレバーを操作することによって自動車を動かすことが可能とされているものですが、操作にはタイミングというものも存在しています。

 

例えば停車状態から発車させる際には、クラッチを早く切り過ぎるとエンジンがストップしてしまうことも多いものです。

 

また、安定走行中にも常に速度計を確認することが必要とされていて、エンジンの回転数に合わせたシフトチェンジを行うことが求められています。減速をする場合では、例えば5速から一気に2速にまでシフトチェンジを行うことは不可能ではありませんが、その際にはしっかりとブレーキを利用して適切な速度に減速しておくことが大切になります。

 

メリットとしてはAT車よりもエンジンブレーキを活用しやすい傾向にありますが、常にエンジンの回転数を把握することが必要です。

コメントは受け付けていません。