MTモデルの車が減っている

最近はAT車が増え、それまで主流であったMT車が減少する傾向にあり、それに伴いMT免許を取る人も減っています。
減少している理由として、幾つかあるMTのデメリットが考えられます。

 

まず乗りこなすのに多少の技術が必要になる点が挙げられます。

 

ATと比べるとクラッチの操作があるので、その分操作が複雑になります。

 

特に半クラッチなどは運転初心者にとっては難しく、慣れない人であればエンストしてしてしまう場合もありますし、他にも坂道発進などでは上手く繋がないと後退してしまう事もあり、必要がなければ操作が簡単なATを選ぶようになっています。

 

また、クラッチ操作が必要なので片足を骨折していた場合などは運転ができません。

 

慣れている人にとっても、渋滞に巻き込まれた場合などには面倒な事もあり、今までMTを使っていた人もATを選ぶケースが増えています。
昔の様にAT車が普及していなかった時代と違い、ほ今はとんどの車がAT仕様なので、MTの必要性もだんだんと薄れてきています。
ATが元々持っていたアクセル操作などによるレスポンスの悪さなどは、技術の進歩により大幅に解消され、比較的MTが多い軽トラックやバンなども次第にATに変わりつつあり、わざわざMTを選ぶという事が無くなってきています。

コメントは受け付けていません。