駆動ロスがないために燃費が良い

現在主流とされている乗用車の多くはAT車の仕様とされています。

 

AT車は非常に操作性が簡単なために、ギアチェンジなどを手動で行う必要も無く、楽に運転することができることで人気があります。

 

その一方で古い時代から用いられている駆動方式にはMT車と呼ばれるマニュアル仕様の自動車も存在しています。

 

MT車の場合では今日ではスポーツタイプの車両や商業用の車両などに多く用いられているものとして認識されています。

 

MT車にはメリットがあって、その一つにはAT車と比較した場合では、燃費性能が優れていることが挙げられます。

 

その理由としてAT車の殆どはトルクコンバータと呼ばれる機器を用いてアクセルペダルから動力をエンジンに伝達しているもので、トルクコンバーターの利用の場合では、オートマフルードを経由することになり、特に自動車を発進させる際には若干の駆動ロスが生じることになります。現在ではかなり改良されており、ロスの範囲も狭くなっているのですが、それでもMT車の直結のシステムと比較した場合では、駆動ロスは避けることのできない部分とされています。尚、安定速度を保って走行している最中には、どの方式でも大きな違いは無くスムーズに運転することが可能です。

 

コメントは受け付けていません。