バッテリーが上がった時に、押しがけや引きがけでエンジンを始動できる

今ではほとんどがオートマチック車に取って代わられてしまったマニュアル車ですが、
マニュアル車にはオートマチック車には無いメリットもあります。
そのメリットの一つが押しがけと引きがけができると言うことです。
この二つが活躍する状況が、バッテリーがあがってエンジンがかからなくなってしまった時でしょう。

 

 

押しがけの手順としては、まずイグニッションキーをオンの位置にします、次にギアを1速あるいは2速にいれクラッチを切ります。
そして、その状態で人に車を押してもらいある程度のスピードがついたらクラッチをつなぎます。
そうすると、上手く行くとエンジンが始動しますのであとはクラッチを切りエンストを起こさないようにします。
これが、押しがけの手順です。
また、この方法は坂道などを上手く利用することができれば人の助けが無くてもエンジンを始動することができます。

 

 

では、引きがけとはどのような方法かと言うとほかの車に牽引をしてもらい、ある程度スピードがでてきたら、
押しがけと同じ手順を踏むことで、エンジンを始動させることができます。

 

 

一つ注意点があるとすれば、エンジンがかかっていない状態と言うのは、パワーステアリングやブレーキアシストなどが、
聞かない状態になっているため、車の操作が難しくなっているので、周囲の安全を確保した上で実行することが大事です。

コメントは受け付けていません。