構造が簡素なので修理費が安い

最近ではほとんどがオートマチック車に取って代わられてしまったマニュアル車ですが、利点もたくさんあります。
その一つにマニュアル車はオートマチック車に比べて構造が簡素でいざ故障してしまっても、
修理費が安いといったメリットがあります。

 

 

一見するとマニュアル車はクラッチがついている分、オートマチック車に比べ部品が多く修理代が、
高くつきそうな印象も受けますが。構造自体が単純なために修理の際の工賃なども安くすむのです。
マニュアル車は人間が全ての操作を行なうため、エンジンの動力を得るためのクラッチなどの構造が、
非常に簡素な仕組にすることができます。

 
機械で制御するには精巧な機器が必要となりますが、人間が操作するのであれば直接エンジンにつなげることが、
できれば良いので複雑な仕組にする必要もなく、簡素な作りにすることが可能なのです。
また、作りが簡素なため修理する時も部品の交換が容易で、また部品もオートマチック車に比べて、
安価に済むのでかかる費用が安くなるのです。

 

 

一方、オートマチック車は変速やギア操作を自動で行なうためには複雑な制御システムが必要で、
それらが壊れてしまうと修理には多額の費用がかかってしまうのです。

このように構造が簡素なことは、修理などのことを考えるとメリットになります。

コメントは受け付けていません。